2018年11月01日

古代ローマの彫刻も楽しめる絵画展 ルーベンス展

ミーハーですけど、ルーベンスと言えばアニメ「フランダースの犬」の最終回で主人公ネロが見たかった、アントワープ生母大聖堂の絵が有名です。アントワープ(アントウェルペン)はベルギーの都市。いわゆるフランドル地方にあたります。

私、ルーベンスには素朴なギモンがありました。
ルーベンスはフランドルの出身なのに、いわゆるフランドル絵画、ファン・アイクとかブリューゲルとか、ああいう路線とぜんぜんちがうんです。時代がちがうとはいえ、なんでかな、と。
ふわっとした素朴なギモンです。

rubens3.jpg
写真は報道内覧会にて撮影

それが、今回の展覧会でよくわかりました。

ルーベンスは、ほとんどイタリアの画家といってもよいのでした。
若いうちにイタリアに滞在し、古代ローマの芸術を熱心に勉強し、自分のものとしました。
古代の次に影響を受けたのが、ティツィアーノの絵画。いわゆるヴェネツィア・ルネサンスです。
2017年に近くの東京都美術館でやっていた「ティツィアーノとヴェネツィア派展」の続編として、ルーベンス展を見るとすんなり呑み込めます。「ヴェネツィア派展」行かなかった人はこちらご参考まで。
https://www.tobikan.jp/exhibition/h28_titian.html

ルーベンスの仕事をひとくちに言うと、図録のアンナ・ロ・ビアンコ氏の言葉を引用すれば
「ルーベンスは古代を激しい調子で再解釈した上で、心を捉える壮大さによって宗教的表現へと変容させた」
とあります。
古典を深く勉強した結果のオマージュがルーベンスの絵に色濃く見られます。

rubens2.jpg
劇的な画面構成がルーベンスの真骨頂

神話をテーマにした作品は、ネタ元になった絵も分かっていますが、ルーベンス的に独自アレンジをして、よりドラマティックに仕上がってます。
今回メインのヴィジュアルで出ている、磔になった聖人の絵(上の写真にあります)が好例ですね。
元ネタの絵よりも、登場人物の表情やポーズが生き生きしていて、絵の中に物語を感じさせます。
「このあとどうなる?」と思わせる、動的な絵とでもいいますか、ストーリーを想像させる力があります。

rubens1.jpg
今回のハイライトとなる作品が奥の作品。そしてお手本にしたであろう裸婦彫刻


展示最後の大きな裸婦像も見とれちゃいます。
《エリクトニオスを発見するケクロプスの娘たち》というタイトルで、神話を題材にしています(真ん中の赤ん坊は蛇のしっぽが生えている)が、見どころはなんといっても3人の裸婦。
正面、横向き、背後からという三態のポージングをまとめているのですが、これはルーベンスが古代ローマの彫刻を観察した結果だそうです。
彫刻をあらゆる角度から絵画に落とし込むことでできた複雑なポージングです。
彫刻も楽しめる絵画展。筆者は日ごろ仏像ファンと接する仕事をしていますが、仏像ファンにもすすめたい展覧会です。

そんなわけで、今回の展示は、17世紀初頭、ルネサンス以後のヨーロッパ絵画と同時に、古代ローマの美術も楽しめるのでした。
展覧会にタイトルにある「バロックの誕生」については、バロックとは何なのかが最後まで出てきませんでした。まあしかし、ルーベンスの絵画は”なんとか派”みたいな言葉がなくても、それだけで圧倒的な存在感があるのです。


【ルーベンス展−バロックの誕生】
2018年10月16日(火)〜2019年1月20日(日)
国立西洋美術館
公式サイト
https://www.tbs.co.jp/rubens2018/


posted by 宮澤やすみ at 16:05 | Comment(0) | ヨーロッパ(中世、ルネサンス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする