2013年04月22日

「大神社展」レポート−仏像ファンも満足。神像・神宝・古代遺跡のフルコース!

上野・東京国立博物館で開催中の「国宝・大神社展」内覧会に行ってきました。
(写真は特別に許可を得て撮影。会期中は撮影不可です)
大神社展

数々の貴重な祭祀遺物、神宝、神像が集まってます。
各地の神社のみなさんの、この展示にかける意気込みを感じます。「ええい、これも付けちゃうっ!」って、年末のアメ横的な勢い。今ごろ各地の神社はさびしい状況になってるんじゃないでしょうか・・・だいじょうぶですか・・・

そんな中、展示の後半は神像のオンパレード。仏像好きのみなさんも大満足できると思います。

主役は京都・松尾大社の三神像。老年の男神は星一徹並みのきびしい顔。女神はどっしりして老舗の女将という感じ。威厳があります。

大神社展
正面の姿はネットに出てるので検索してくださいね

これらは最古級の像で、平安初期の仏像に似た重々しい表現が特徴。この時期特有の衣文表現「翻派式(ほんぱしき)衣文」がみられる像もあります。つまり仏像的表現をそのまま流用してるんですね。
大神社展
衣文の彫りが翻派式。仏像とちがうのは下半身

それが、だんだんと神像ならではの表現に変わってきます。具体的にいうと、体つきがだんだん単純化されて、座った脚の部分なんかほとんど省略されちゃう。
なまじ精密に彫られると人間臭くなるので、こんなふうに寸詰まりな感じのほうが、なんか得体の知れない存在という印象になって、ちょっと怖くて、かえって霊性を感じるというか、じつに神像らしく見えるんですよね。

大神社展
決して「制作途中」じゃなく、これが神像スタイルなんですね〜ステキです〜♪

あと、京都の仏像スポット・東寺に伝わる神像も見どころ。大きい!
そして、目元に注目。
つりあがった形に彫刻された眼ですが、その形を無視(?)して墨線でちょっとタレ目に描いてあるのを発見しました!
大神社展
彫ったところと墨線が明らかに異なってます

平安前期、仏像は非常に厳しい表情で造られました(ex.神護寺の薬師如来)。いっぽうこの像は、どこか柔和でおっとりした眼になってます。
制作者は、仏らしい眼と、神らしい眼の表現に明確なちがいを表現したかったんでしょうか。ただし、ほかの神像はわりと厳しい目つきが多いので、実際どこまで区別してたのか、わかりませんが・・・。


展示の前半もおもしろいです!
写真は、日本の古代祭祀の原点ともいえる、奈良の三輪山・大神(おおみわ)神社の「山ノ神遺跡」出土品。古代では大きな岩(磐座いわくら)に神が降りるとされ、その周辺で祭りが行われた。写真の遺物は、まさにその磐座周辺で出土したものだそうです。古墳時代ですよ。いにしえの世界へと想像がふくらみます。まさに古代史ロマン!
 
大神社展
大神社展
子持勾玉と祭祀用のミニチュア土器

あとは、鹿島神宮に伝わる神剣もすごいです。長さ3mくらいありそうなばかでっかい直刀。しかも平安時代。見てるだけで背筋が寒くなりますね。

大神社展
有名な国宝・七支刀もお目見え。ホントに出し惜しみしない展示ですね

そんなわけで、神の威厳に向き合ってきた人たちの情熱を感じる展示。仏像だけでは見えてこない、日本の原点みたいなものが、ここで感じられます。

「国宝・大神社展」
平成25(2013)年4月9日(火) 〜 6月2日(日)
東京国立博物館・平成館にて


【お知らせ】
宮澤やすみ同行 一泊二日・神社、仏像ツアー
伊勢と山の辺の道 女神がたどった「神仏ルート」を歩く
●式年遷宮直前の伊勢神宮(外宮・内宮)を参拝
●伊勢神宮を見守る美しい十一面観音を特別拝観
●伊勢の祭神・天照大神は奈良にいた?伝説の「元伊勢」・桧原神社
●古代日本の原点・三輪山の大神神社で伊勢と出雲の神が交わる
●古代の道、山の辺の道に座す秘仏・玄賓庵の不動明王特別拝観
●夕食は伊勢神宮と十一面観音をモチーフにしたオリジナル「仏像フレンチ」の宴
●仏像、神社、古代史、グルメ、旅の楽しみと学びを詰め込んだ2日間!!
催行決定!まだ若干空席ございます。今のうちに!
問合せ:クラブツーリズム概EL.03-5323-5588(コース番号C3131とお伝えください)またはWEBサイト





posted by 宮澤やすみ at 15:17 | Comment(0) | 日本(仏像、考古) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。