2013年06月28日

『貴婦人と一角獣展』内覧会レポート

話題の「貴婦人と一角獣展」プレス内覧会に行ってきました。
(写真は内覧会のときに許可を得て撮影しています。会期中は撮影禁止です)
P1090758s.jpg

暗黒時代とも言われる中世ヨーロッパ世界ですが、この展覧会では重苦しさなど一切無しで、思いきり「うっとり」できます。
会場はほとんど女性ですが、男性だって女子力アップできちゃいそうです。

P1090803s.jpg
「我が唯一の望み」と題された6枚目のタピスリー

フランス国立クリュニー中世美術館所蔵の、ものすごく貴重なタピスリー(フランス語で”タペストリー”のこと)。見上げるように大きい6連作が並びます。
制作は1500年ごろと推定され、中世も最末期。
ぼくの専門分野(?)である重苦しい中世キリスト教美術とはちがって、貴族のインテリアグッズですから、華やかで上品な世界がこれでもかと眼前にせまってくるのです。


私事ですが、私は仏像のみならずヨーロッパ、とくに中世ヨーロッパの文化芸術が大好きでございます。

教会の壁面に描かれた、ブスッと不機嫌そうなマリアさんの顔。キリストの受難を描いた祭壇画・・・。
あのヘタウマなマンガチックな絵がグッとくる。古代ローマやルネサンスもいいけど、やっぱり中世です。

時代はキリスト教がんじがらめ。魔女裁判に鋼鉄の処女(中世の拷問器具)。重苦しい世界に、聴こえてくるのはリュートの軽やかなつまびき・・・。

仏像ファン向けにたとえると、天平から平安前期ごろの、怨霊信仰はびこった時代の厳粛で重々しい世界観に通じますね。
私もヨーロッパを訪れたときは必ずあちこち教会めぐりして、石造りの荘厳な空間に入り浸るのでございます。
あ゛〜もう今すぐフランス行きたい!

スミマセン。それは私個人の趣味の話でございました。


さて、6枚の大きなタピスリーは、謎めいたところもある。
それぞれが人間の五感をテーマに作られていて、メイン会場の左から「触覚」「嗅覚」「味覚」「聴覚」「視覚」と並び、最後だけがナゾのテーマである「我が唯一の望み」。これがどういう意味なのか「第六感」?「心」?「愛」?その答えは誰にもわかりません。

P1090809s.jpg
これは「味覚」。貴婦人がオウムにお菓子をあげています

どの絵も、貴婦人を中心に獅子と一角獣が並び、さまざまな動植物がちりばめられます。それぞれに意味があるらしく、たとえばウサギは多産なので子孫繁栄を象徴しているとか。
猿は一枚目のタピスリーでは鎖につながれてるのに、二枚目の「嗅覚」からは自由にいたずらっ子みたいな顔して自由に振る舞ってる。これも何かの象徴でしょうか。

一角獣は古代ギリシャからのキャラクターで、キリスト教の目線ではキリストそのものを表すとかありますが、世俗的には一角獣を狩るシーンを恋の成就になぞらえて絵に描かれたそうです。「狩り」=「女をゲット」というところが、なんだかヨーロッパらしい気もしますね。
ちなみに「機動戦士ガンダムUC」ではこのタピスリーが物語のカギとして登場するそうで。さすがですね。

そんな謎めいたタピスリーですが、なにしろ美しさ満載なわけです。色鮮やかで、美しい貴婦人とお目めくりくりの一角獣、まわりにはきれいなお花がいっぱい(千花模様)。
こうなったらもう、むずかしいこと抜きにして、ひたすらうっとりするのもいいんじゃないでしょうか。

仏像目線でたとえると、鎌倉・東慶寺の水月観音さんを見て眼がハートになる感じ。その水月さんが6人に分身して取り囲まれるみたいな・・・。

P1090769s.jpg
「視覚」の一作は、貴婦人のお顔が僕好みのブスッとした顔(笑)

会場も、大きな一部屋に6連作が並んで、さながら貴族のサロンのお呼ばれされたようです。できるのなら、この空間でシャンパンでも傾けたい。素敵なマドモワゼルと一緒に。。。

もとは中部フランス・クルーズ県のブサック城にあったそうですが、そういう古い石造りの空間で見てみたらその美しさもひとしおだったでしょうね。

ちなみに、内覧会では高級な布の匂いがかすかにしてました。
これは、自分の乏しい経験から「この感じ」を必死に思い出しますと、
高級レストランに入った時の調度品の匂いというかお部屋の匂いというか、そんな感覚じゃないかと思います。
(先週二度目に訪れた時は、匂いは薄れていました)。

P1090756s.jpg
クリュニー中世美術館館長のエリザベット・タビュレ=ドゥラエさんが解説。
フランス語聞いてるだけで、なんかもうセレブっぽい気分に。

帰り道には無性にワインが飲みたくなる、素敵な素敵な展覧会です!

追伸:
筆者がタピスリー以外に気に入ったのがこれ。やっぱり仏像好きとしては彫像を見るとピンときてしまいます。腰の飾りが飛鳥仏の瓔珞ににている!
P1090815s.jpg
聖女バルバラ像

『フランス国立クリュニー中世美術館所蔵 貴婦人と一角獣展』
http://lady-unicorn.jp/
東京は7月15日まで国立新美術館
大阪は7月27日〜10月20日まで国立国際美術館


posted by 宮澤やすみ at 14:55 | Comment(0) | ヨーロッパ(中世、ルネサンス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: