2016年06月13日

この日だけ撮影OK!粋なはからい「ポンピドゥーセンター傑作展」

上野で開催中の「ポンピドゥー・センター傑作展―ピカソ、マティス、デュシャンからクリストまで―」ですが、6月17日(金)と24日(金)の夜間(18:00〜20:00)に限り、カンディンスキーの絵の前で撮影OKになるそうです。
題して「フライデー撮影ナイト」!

最近では、撮影コーナーを設ける美術展が増えましたが、ホンモノの絵を撮影できるのはめずらしいと思います。
やっぱり、観に行ったらなにか撮りたくなるし、主催側としても、撮影してSNSにアップしてもらうのが一番の宣伝になりますもんね。両者の思惑が一致しました(笑)

展覧会は、20世紀美術を振り返るもので、1906〜1977までのタイムラインを1作品ずつたどっていくという展示。
タイトルどおり、ピカソ、マティス、デュシャン(便器を出品しちゃう)、クリスト(なんでも包んじゃう)などなど有名どころがずらり。
金曜夜に、行ってみてくださいませ!
(フラッシュ撮影、三脚や自撮り棒の使用はNGだそうです)

詳細情報↓

ポンピドゥー・センター傑作展―ピカソ、マティス、デュシャンからクリストまで―
2016年6月11日(土)〜9月22日(木祝)
東京都美術館 企画展示室
休日:月曜日、7月19日(火)
※ただし、7月18日(月祝)、9月19日(月祝)は開室
9:30〜17:30 ※毎週金曜日は9:30〜20:00
展覧会公式サイト:
http://www.pompi.jp/
 
posted by 宮澤やすみ at 13:45 | Comment(1) | 現代美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
私もポンピドゥー・センター傑作展を見てきましたので、楽しくブログを拝見しました。、カンディンスキーの絵の前で撮影OKにだったのは良かったですね。カンディンスキーは以前から好きな画家ですが、今回展示されていた『30』は思いついたモティーフを並べただけで作品になるカンディンスキーの才能を感じました。シャガール『ワイングラスを掲げる二人の肖像』は、シャガールと新妻ベラの幸福を重力を飛び越えていく生きる喜びとして表現、マティスの『大きな赤い室内』は赤を主体に全体の絵画空間の見事な表現、ジャコメッティの『ヴェネツィアの女X』は極限まで削ぎ落とされた女性の存在の儚さと力強さなど、作品はそれぞれ個性的で、そのうえ傑作ぞろいで、アートの様々な表現を楽しめました。

魅力的な作品が多く、このスペースでは下記聞けないので、ポンピドゥー・センター傑作展の個々の作品の魅力を整理するとともに、20世紀美術の多様な表現の意味とその芸術の本質について考察してみました。読んでいただけると嬉しいです。ご意見・ご感想などコメントをいただけると感謝いたします。
Posted by dezire at 2016年09月08日 17:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: