2016年09月20日

別格の観音さんとなかまたち大集合!「平安の秘仏-滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」

東京国立博物館で「櫟野寺の大観音とみほとけたち」プレス内覧会に行ってきました。
擽野寺1-800.jpg
あの巨大な本尊のほか、全20体の仏像がずらり!展示室に入った瞬間、つま先から頭のてっぺんまでゾワゾワと電流が走る、ブツ欲全開の興奮であります!
(写真は特別に許可を得て撮影)


巨大観音のひみつ
擽野寺は「らくやじ」と読みますよ。
忍者で有名な滋賀県の甲賀地方は、古代から都と地方を結ぶ要地で、奈良の大仏は当初この地で造られる計画でした。
そんな甲賀の南端にある擽野寺の大観音。比叡山延暦寺の建立に使う用材をこの地に求めて、櫟(いちい)の霊木に観音像を刻んだのが由来とされてます。
実際は、もう少しだけ後の時代になるようですが、なにしろ都から離れた「かくれ里」の地で、平安時代の前半から大規模なお寺と仏像が造られ、今に残っています。

本尊の観音像は、像高3.12m。台座と光背を入れると総高5.3mと圧倒的な存在感。
仏像の大きさの基準は、像の底部から髪の生え際までの「髪際高(はっさいこう)」で測るのだそうで、この像の髪際高は約2.4m。
まさに仏像の大きさのスタンダードとされる「丈六仏」の大きさになってます(立像だと4.8m、坐像で2.4m)。
都の仏像ではないですが、そのへんはいい加減にせず、きっちりやってるというわけです。

rakuyaji1.jpg
報道陣も大興奮の存在感!

仏の背丈は、一丈六尺(丈六)とされますが、意外と大きいんですよね。
インドと中国での尺貫法やなんかの事情もあり、このサイズが言われるようになりました。

今回は、この像を間近で見られるチャンス。
衣の表面には、びっしりと描かれた極彩色の宝蔵華(仏教世界での花文様)がうっすらと残っています。(制作当初のものかは不明とのこと)。

学芸員の丸山士郎さんによると、お腹にあるしわの表現は、天台宗の如来像に多い「天台薬師」と呼ばれる表現。観音さんは菩薩ですが、お寺のご本尊ですからやはり如来の風格で表現したかったんでしょうか。そもそも観音はアクティブな立像で表現するのがふつうなのに、どっしり座ってますからね。下膨れの顔に貫禄たっぷりなメタボ体形(失礼w)もまさに如来のよう。これは本尊としての別格な表現なのだと思います。

お寺では、長い間厨子に入っていて見えづらかった。それが今、360度から間近で見られるのです。ぜひその圧倒的存在感を、身体で感じでいただきたいです!


注文主が変わると仏像も変わる?
擽野寺には観音像がたくさん残っているのですが、ひょろっとスレンダーな体形で、きりっと釣り目の表情が特徴で、「甲賀様式」というそうです。

擽野寺2.jpg
主役のほかにもいろんな仏像がたくさん集結

図録によると、その姿は、奈良の古いスタイルの観音像からの影響もみられるそうで、たしかにこの目は天平の国宝十一面観音にも通じるものがありそう。都のスタイルです。

奈良の聖武天皇がこの地で大仏造ろうとしたくらいだから、奈良の平城京とのつながりが、まだ残っていたのかもしれないですね。歴史ロマンであります。

しかし、展示室最後に並ぶ仏像たちは平安後期の像で、こちらは優しさと親しみやすさが込められた造型。地方らしい素朴な作り。
時代が経るにつれ、注文主が都系の貴族から土着の士族に変わったのではと指摘があります。
この時代の像にも共通点があって、衣文のデザインがほとんど同じ。作った人(工房)が同じだったことがわかります。
ひとくちに観音像といっても、作る時代、注文主、作る人によってだいぶ変わってくるんですね。

私が印象に残ったのはこちらの像。極端なタレ目がいい。遠い目線がいい!
rakuyaji2.jpg

大観音以外にも、勇壮な重量級の毘沙門天や、おだやかで朴訥とした風の薬師如来、民衆の願いが込められた地蔵菩薩など、仏像の「おいしいところ」がいっぱい詰まった展示になっています。

図録1.jpg
図録2.jpg
図録の表紙のインパクトがすごい(笑)。実物大の顔をどアップで

特別展「平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」
2016年9月13日(火)〜12月11日(日)
月曜休館(9/19、10/10は開館、9/20、10/11休館)
東京国立博物館 本館特別5室にて
http://hibutsu2016.com/
美術館サイト
http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1779


【告知】
「アートウォッチャー」筆者・宮澤やすみ登壇
特別展「平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」
展覧会チケット付き 宮澤やすみ先生 みどころ事前講座

10月28日(金)13:15集合
東京国立博物館・小講堂にて
※講座後、展覧会チケットをお渡しし、各自鑑賞
お申し込みは、リンク先の「お申し込みカレンダー」→「受付中」をクリック
 
posted by 宮澤やすみ at 17:57 | Comment(0) | 日本(仏像、考古) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: