2017年06月06日

面白怖い世界へ!ブリューゲル「バベルの塔」展

中学生のころ、美術の教科書で「なにこの壮大な世界観」とインパクトを受けたのが「バベルの塔」。

謎めく旧約聖書の伝説がリアルに描かれ、絵の世界に引き込まれる。
脳内に流れるBGMは「バビル2世」(笑)

・・・そんな記憶をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

いつか実物を見てみたい、という思いが、21世紀の今実現しました。
babel0-800.jpg
報道内覧会で許可を得て撮影。取材陣も興奮

展示室では、まず実物を見る前のアプローチに、細かい見どころの解説があり、心の準備を固めるようになっています。
実物がわりと小さいので、混雑緩和のためにいろいろ工夫しているようです。展示室奥には、東京芸術大学制作の高精細レプリカ(クローンアート)があり、これがかなり大きいサイズなので微細な箇所を確認したい場合はこちらを見るのをおすすめします。

babel4.jpg
展示室へのアプローチ演出がニクい

また、暗い中で微細な描写を凝視するので、筆者含め中高年の弱った視力にはなかなか厳しい状況。メガネの手入れや単眼鏡などあると良いかと思います。ただし長時間絵の前に立つのは迷惑になってしまうので、ほどほどにお願いします。

展示の全体は、ブリューゲルを楽しむ前に、まず御大・ヒエロニムス・ボスの作品が登場。
ボスといえば、奇怪なモンスターが画面狭しと跋扈する、カオスな絵が面白いですよね。筆者も、中学生時代にCeltic Frostというヘヴィメタルバンドのアルバムジャケットに使われているのを見ていっぺんに好きになりました。

今回は、貴重なボスの真筆のうち2点が展示。ここでも細かいモチーフの解説が充実していて、面白い個所を見落としません。殺され吊るし上げられたクマ、背後にあばれる怪獣が大変不気味でワクワクします。
なにしろ、ボスのような面白怖い作品は、妖怪好きな日本人の感性に合うんじゃないでしょうか。

babel3.jpg
解説より”猟師に射殺され、気に吊される熊は、「迫り来る危機」が去ったことを表している”

ボスの絵は当時も大変人気で、彼の死後もボス工房で「ボス風絵画」がさかんに描かれました。そんな「ボス・リバイバル」も本展のみどころのひとつです。

そのへんの見どころは、公式サイトに大きく出ています
 ↓
 http://babel2017.jp/point-anime.html

そして最後は、メインの「バベルの塔」をじっくりとご堪能ください!

babel2.jpg
ショップの注目は、バベルの塔(Tower of Babel)ならぬ、今治「タオルの塔(Towel of Babel)」


ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展
16世紀ネーデルラントの至宝 ― ボスを超えて ―

(東京展)
2017年4月18日(火)〜7月2日(日)
月曜休館
東京都美術館 企画展示室にて
http://www.tobikan.jp/exhibition/2017_babel.html
(大阪展は7月18日から国立国際美術館)
公式サイト:
http://babel2017.jp

posted by 宮澤やすみ at 19:27 | Comment(0) | ヨーロッパ(中世、ルネサンス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: