2019年04月09日

ギュスターヴ・モロー展−画家の「こじらせ女性愛」

汐留でギュスターヴ・モロー展が開催されています。

産業革命だの印象派だの、外では新しいことが起きていた19世紀のフランスで、ひとり家に籠って、神話や古典を題材に独自の絵画を制作していたギュスターヴ・モロー。

象徴主義を代表する大画家でありますが、今回の展示をみると、「ちょっとギュスターヴさん…そんなに思い詰めないで…」と声をかけてあげたくなる、ギュスターヴさんの性格というか性癖というか、なにか闇が見えてくるのでした。

gustavemoreaux1.jpg
写真は報道内覧会で許可を得て撮影

展示全体を通したテーマは「女性」です。

まず最初はギュスターヴさんの女遍歴の紹介。
といっても、この方、まず母親が一番、そしてアレクサンドリーヌという一人の女性が生涯のパートナーで、派手なことは一切なし。

そして、絵画制作でさまざまな女を描いたのでした。その姿は、

サロメやセイレーンなど、男を惑わしてきた女性たち。
エウロペやレダなど、男神に誘惑され(でもまんざらでもない)女性たち。

「ファム・ファタル(宿命の女)」と言われる、男を破滅に導く伝説上の女性をたくさん描いています。
有名なサロメの絵などは、展示や公式サイトをご覧ください。
その女性がどれも妖艶な美しさで輝くようです。
男性の姿は、巫女たちによって八つ裂きにされ、もはやひとつの肉片と化している血まみれのオルフェウスが印象的でした。

ギュスターヴさんの、女性に対する言葉も展示されています。曰く、

ーー女というのは、その本質において、未知と神秘に夢中で、背徳的悪魔的な誘惑の姿をまとってあらわれる悪に心を奪われる無意識的な存在なのである−−

ちょっとギュスターヴさん!今こんなことSNSで書いたら大炎上ですよ!
なにしろ、19世紀の白人社会でのことで現代とは意識がちがうのは仕方ないことかと思います。
それにしてもギュスターヴさんの女への思いは濃密。女性に恐怖し、同時に憧れて。
作品は神々しいまでに美しい女性像なのに、なにか冷たいものが背筋を走る、そんな作品が並びます。

そして展示の最終章は、
純潔を象徴するユニコーンと戯れる処女たち。

結局、処女がいいんか〜〜い!!

とツッコミを入れたくなるのですが、ギュスターヴさんのねじくれた女性の好みが垣間見える展示でした。
引きこもり気質で、あまり人と交わらず、絵画制作に打ち込んだギュスターヴ・モロー。
ちょっと「こじらせ系」の人であるようですが、そこから生まれた深遠な絵画世界は後世に大きな影響を与えています。

gustavemoreaux2.jpg
一角獣を描いた晩年の作品

ちょうど先日、「中高年の引きこもりが61万人」というニュースがありましたが、ギュスターヴ・モローは現代の引きこもりの方々に、希望を与える人でもあるでしょうか。


「ギュスターヴ・モロー展 サロメと宿命の女たち」
2019年4月6日〜6月23日
パナソニック汐留美術館 にて
10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで 毎週水曜休
https://panasonic.co.jp/ls/museum/exhibition/19/190406/
posted by 宮澤やすみ at 14:47 | Comment(0) | ヨーロッパ(近代) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: