2017年10月10日

気分は仏像同窓会!?「運慶展」

東京国立博物館の特別展「運慶」を取材してきました。
なにしろ運慶と慶派の有名な仏像が、あれもこれもギュッと一堂に。
なかなかの仏像パーティぶりでした。
仏像ファンなら必須の展示かと思います。

unkei1.jpg
無著さんと世親さんに歓迎されて、仏像パーティに招かれた気分

クライマックスは奈良・興福寺の諸像。

現在、興福寺の南円堂にある四天王は、もとは北円堂にあったとされるそうで、
展示では、北円堂の有名な像である無著と世親の両像といっしょに配置され、往時の北円堂の内陣を再現しています。

この、無著さんと世親さんのお二人、やはり素晴らしいですね。
四天王や菩薩のような派手さは一切無いものの、その圧倒的な存在感に改めて感動しました。
写真やネットでよく見る像ですが、やはり実物の感覚はぜんぜんちがいますね。

展示はまず「運慶のデビュー作」といわれる円成寺・大日如来から始まります。
20代の運慶が「やったるでぇ〜!」とがんばって造り上げた仏像。その気持ちに共感し、私はこの像をイメージした仏像ソング"Great Sunshine Boy"という歌を歌っています。
展示はそこから伊豆と横須賀の名作、願成就院と浄楽寺の仏像が並びます。私はこの両寺には何度となく訪問。母校である横須賀高校在学のとき、浄楽寺近くに友人が住んでいたこともあり、とてもなじみのあるお寺です。
そんななじみ深いお寺の仏像がこんな晴れ舞台に登場するなんて、なにかこう、地元の仲間がスターになったような誇らしげな気持ちになります。

unkei4.jpg
運慶作と目される興福寺の仏頭も独特の存在感

運慶ファミリーの作も展示。

運慶の父・康慶作、奈良の長岳寺の阿弥陀三尊は、玉眼を使った最初期の例として有名。お寺では暗い中で少し離れた位置からの拝観ですが、ここでは間近に拝めます。

運慶の子・康弁作、怪獣っぽい風貌だけどカワイイ天燈鬼、龍燈鬼は、展示の最後でお出迎えしてくれます。

unkei2.jpg
高野山から八大童子も東京出張(運慶作の6体のみ)


写真や旅先で何度も会ってきた仏像ばかりですが、こうして一堂に集まって再会を楽しむのもいいですね。
まさに気分は仏像同窓会。
「やあひさしぶり!」「最近どうしてた〜?」なんて会話が聞こえてくるよう(ハイ完全に妄想でございます)。

展示替えもあるので、また行ってみたい、今年最大の仏像展だと思います。

ちなみに、グッズ売り場では、「十二神将ジオラマ」が異彩を放っていました。
12sinshogoods.jpg

特別展「運慶」
2017年9月26日(火)〜11月26日(日)
月曜休館(10/9は開館)
東京国立博物館「平成館」にて
公式サイト
http://unkei2017.jp
 
posted by 宮澤やすみ at 02:03 | Comment(0) | 日本(仏像、考古) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

美人吉祥天、東京へ「奈良 西大寺展」

前記事の「西大寺展」、いよいよ後期の大注目の《浄瑠璃寺・吉祥天立像》がお出ましになりました!
(写真は特別取材会で許可を得て撮影)

kisshoten4.jpg
重要文化財「吉祥天立像」京都・浄瑠璃寺

息をのむ美しさと官能美。あでやかな赤い衣と白い柔肌。
しかも日頃は秘仏という神秘性(春秋正月に公開)。
まさに美ブツ中の美仏として仏像ファンにはあまりにも有名です。

筆者も、浄瑠璃寺の厨子にいるところへ何度も会いに行きましたが、こうして全身丸見えの状態は初めてで、鼻血が出そうなほどの興奮状態なのでした。

kisshoten1.jpg
首を横に向けてる姿勢なので、記者会見に答えてるみたいに見えます

造立年代は不明ですが、だいたい鎌倉時代の前半の作と推定されます。お寺の記録には建暦2年(1212年)安置したとあります。

信仰としては、吉祥天への信仰は、奈良時代に流行のピークを迎え(吉祥悔過)、東大寺や薬師寺に古い造像画像が残ります。
しかし、本像が作られた鎌倉時代(推定)には、吉祥天信仰は薄れていたようで、なぜこの時代にこの像ができたのか、まだはっきりわかっていないそう。

kisshoten3.jpg
三井記念美術館館長・清水眞澄さんによる解説


なにしろ、分かってないことのほうが多い、この浄瑠璃寺・吉祥天立像。まあむずかしいことはおいといて、まず自分の眼で見るのがよいです。観る角度が少し変わっても印象が変わりますよ。

取材時のメディア陣の反応を見ていると、女性陣は「わ〜美しい!」とウットリしてましたが、男性陣の中には「なんか、怖いなこの顔」という人もいて、人によってこれだけ印象のちがいがあるのも面白いなと思いました。

kisshoten2.jpg
真正面からの資料写真とはちがい、下から仰ぎ見るとほんわかした印象

みなさんは、どのような印象をもつでしょうか? それは現場でどうぞ。



創建1250年記念「奈良 西大寺展」
(東京展)
2017年4月15日(土)〜6月11日(日)
月曜休館
三井記念美術館にて
http://www.mitsui-museum.jp/
公式サイト:
http://saidaiji.exhn.jp




posted by 宮澤やすみ at 17:54 | Comment(0) | 日本(仏像、考古) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

美麗セレ仏にうっとり!「奈良 西大寺展」

「奈良 西大寺展」今、東京会場で開催中です。

saidaiji-ten.jpg
写真はプレス内覧会にて許可を得て撮影

仏像ファンには有名な、美麗な愛染明王、コワモテな明王なのに、おしゃれともいえるスタイル。ゴージャスな装飾と均整の取れたプロポーション。
鎌倉時代後期のトレンドですね。

saidaiji-eison.jpg
隣は有名な叡尊さんの肖像。本当にリアルです

ほかにも文殊菩薩さんがまた美麗なこと。
育ちの良いセレブ感たっぷりです。

monju1.jpg
こういうのを「セレ仏」と呼んだりします(笑)
文殊菩薩坐像 鎌倉時代・正安4年(1302)



取材したのは東京会場。ここでの目玉はやはり、浄瑠璃寺の吉祥天さんでしょう。
本物は実物で見るとして、ここでは参考としてイスムさんの写真をご覧あれ。

kisshoten-400.jpg
重文 吉祥天立像(6/6〜6/11展示) 鎌倉時代 京都・浄瑠璃寺 画像提供:奈良国立博物館(撮影 佐々木 香輔)

東大寺に比べて、意外と知らない(かもしれない)西大寺関連の仏教美術をまとめて観られるよい機会です!


創建1250年記念「奈良 西大寺展」
(東京展)
2017年4月15日(土)〜6月11日(日)
月曜日(5月1日は開館。)
三井記念美術館にて
公式サイト:
http://saidaiji.exhn.jp
美術館サイト:
http://www.mitsui-museum.jp/


posted by 宮澤やすみ at 15:38 | Comment(0) | 日本(仏像、考古) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする