2018年05月01日

「記録」から「創作」へ、絵画の存在意義「ターナー 風景の詩」展


ターナーというと、独特の「もわ〜っ」とした画風が印象的なんですけど、その理由はなんなのか、気になっていました。
19世紀前半にイギリスで活躍した近代絵画の巨匠です。

今回開催された「ターナー 風景の詩(うた)」展では、若い頃から晩年まで、展覧会ぜんぶターナー作品が並ぶもの。


turner1.jpg
報道内覧会で解説いただいたのは、スコットランド国立美術館群 総館長 ジョン・レイトン卿。この方の話がじつにスマートで、われわれ下々の者にも的確にみどころを伝えてくれました。まさに本物の紳士。

年代ごとにいろんな画風が見られます。

若いころの作品は、写実的で緻密な風景画です。
また、職業画家として制作したエッチングなどの版画作品も緻密なタッチで、視力の弱い私が遠くから見ると本当に写真のように見えました。自分の創作と仕事としての制作と、描き分けていたんじゃないかと思います。

しかし、はじめから単なる風景画家では終わらない気風があったようです。
若いころの作品で、スノードン山の風景が展示されていますが、細かい描写も描き込んでいるものの、山には霧が煙って水墨画のよう。
この感じをつきつめて、晩年の「もわ〜っ画面」に行き当たったのでしょうか。
10.jpg
《スノードン山、残照》1798-1799年 水彩、スクレイピングアウト・紙 52.7×75.6cm
エディンバラ、スコットランド国立美術館群 ©Trustees of the National Galleries of Scotland


展示で解説されていたのは「崇高」というワードでした。
風景画もただの写生には終わらず、人智を超えたなにかを感じさせる崇高さを表現してます。
ターナー自身の思想は、人間なんてちっぽけなものさという考えがあったようで、大自然のパワーと古代文明のあこがれみたいなものがあったようです。
現代の男の子と同じ趣味ですね。きっとオーパーツとかUFOの話とかしたら食いつくんじゃないでしょうか。

そんなターナーですから、イタリアで古代文明に接してかなり感化されたそうです。
以降、風景を描いてもなにかの思想を感じる作品が見られます。
今回は《キリスト教の黎明(エジプトへの逃避)》という作品も展示されてますが、これなどまさにスピリチュアルな旅の影響が色濃く見えていますからぜひ会場でご鑑賞ください。

で、到達するのがこの作品。亡くなる10年ほどまえの作です。

turner2.jpg
レイトン卿とともに本展を監修された郡山市立美術館の富岡進一主任学芸員。ターナー晩年の作品《風景−タンバリンをもつ女》を解説

展示最後にあった、スイスのルツェルンを描いたとされる小品《ルツェルン湖越しに見えるピラトゥス山》も印象的でした。
ぜひ会場で見てください。もはや禅の水墨画と同じ境地なのではないかと思うような、枯れた味わいの作品です。

turner3.jpg
イギリス、イタリア、スイス、静かな空間で絵画の旅を楽しむ

ターナーの時代は、産業革命で社会がどんどん変わっていく時代。
人間の文明の力と素朴な自然が対立するなか、ターナーなりに折り合いをつけようとしていたのではないでしょうか。
さらに、写真が発明されたのもこの頃です。

19世紀の風景画家は、大富豪の邸宅と敷地を描いて「記録」する仕事がメインだったそうですが、それって今なら写真を撮って終わりですもんね。

19世紀半ば、写真技術が広まる中、記録係としての画家はどう生きていくべきか。
画家たちは、写真にはできない、絵の表現を模索していたことでしょう。

ターナーは、イタリアの旅の経験から、光を捉えることに注力したそうで、そこから発展してターナーなりの絵画様式が完成します。

風景のなかで光を捉えるやり方、これはまさに「印象派」の考え方ですよね。

解説によると、モネなどはターナーの絵をかなり研究して自分の作品の取り入れたそうです。

さらに、独特の「もわ〜っ」画風は、20世紀のマーク・ロスコにも影響を与えたそうです。

というわけで、近現代絵画は、ターナー無しに語れないのであります。

今回、そのターナーを存分に味わえる展示、アートファンなら見逃せないと思います。



イギリス風景画の巨匠
ターナー 風景の詩(うた)

(東京展)
2018年4月24日(火)〜7月1日(日)
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
http://www.sjnk-museum.org/


<巡回>
2月17日〜4月15日 京都文化博物館(終了)
7月7日〜9月9日 郡山市立美術館

公式サイト:
https://turner2018.com/


posted by 宮澤やすみ at 17:54 | Comment(0) | ヨーロッパ(近代) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

元祖炎上キャラ?マリーアントワネット展

ヴェルサイユ宮殿が監修した「マリー・アントワネット展」が、来場30万人を突破したそうです。

この展示、マリーアントワネットの人となりが見えてとても面白いです。
展示の前半は、フランスの王家に嫁ぎ、華やかなセレブ生活の章。
(写真はプレス内覧会で許可を得て撮影)

KIMG0978.jpg
プライベートルームの再現も

ファッションや言動がいつも注目されて、人気の半面、批判も多かったようで・・・

誤解から始まった「首飾り事件」の顛末などは、まさにゴシップ炎上ネタ。それでまた注目を浴びるのだから、現代のセレブと変わらないです。

子育てを経て大人の魅力を兼ね備えたマリーですが、悲劇は突然訪れます。フランス革命です。

牢獄に幽閉されると、夫は処刑(家族の最後の別れのシーンを描いた絵が泣ける)。
それでもマリーは毅然とした態度を崩さず自分も処刑台に向かいます。幽閉時や処刑時に着用していた下着や靴がリアルです。

KIMG0983.jpg
いきなり牢獄に捉えられるマリー

展示前半の明るくハチャメチャなノリと、後半の重苦しい雰囲気の落差が激しすぎてクラクラします(笑)。
その暗い空気のまま展示が終わるので、気を付けてくださいね。

今月26日まで。夜もやっているから駆け込みでどうぞ。


「ヴェルサイユ宮殿≪監修≫ マリー・アントワネット展 
美術品が語るフランス王妃の真実」

2016年10月25日(火)−2017年2月26日(日)
休館なし
森アーツセンターギャラリーにて
http://www.ntv.co.jp/marie/

 
posted by 宮澤やすみ at 17:44 | Comment(0) | ヨーロッパ(近代) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

旅する気分で「風景画の誕生」展

Bunkamuraミュージアム「風景画の誕生」展がおもしろいです。
(写真は報道内覧会で許可を得て撮影)

ぼくはもともとヒエロニムス・ボスの絵が好きだったので、この展覧会で出展される《楽園図》が楽しみでした。
そして、実物を見たときの感激はやはりいいものでした!
公式サイトのこのページ中間部あたりに絵が出ていますが、やっぱり実物で見たほうがいいと思います。
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/15_wien/point.html

fuukeiga1.jpg
左に写ってるのがそう。だけど実物を見ないとはじまらない

さて、「風景画」が主役の本展ですが、じつはヨーロッパの美術はまず”人体”が基本なんですよね。ミロのヴィーナスとか、古代ローマの彫刻なんかに代表される、解剖学的な人体の美ですね。
だから、美術作品で風景や自然を題材にするという考え方があまりなかったそうです。

しかし、古い絵画にも風景の美しさが見られます。それは人物の背景に描かれた精緻な風景。

平面画で、風景は描きにくいものだったようで、ずっと遠くまで茫洋とつづく奥行きをどう表現するかが問題。
数学的な遠近法が確立される以前、もしくは遠近法が使われないオランダあたりの絵画では、
「色彩遠近法」というやり方で奥行きを表現してました。
赤系の暖色は前に出て見え、青系の寒色は引っ込んで見える。この特性を利用して、遠くのものを青系の絵具で描いたんですね。
展覧会では、「世界で最初に風景画家と言われた男」パティニールの風景画が展示されています。

fuukeiga3.jpg
色あいで遠近感を表現
ヨアヒム・パティニール《聖カタリナの車輪の奇跡》1515年以前 油彩・板


ほかに面白いのは、月暦画。
一年12か月のくらしを描いた大きな連作で、ヨーロッパの田舎のくらしぶりが見えて面白いです。
イタリア北部の農村で、ブドウを収穫したり、秋には子羊を締めたり(かわいい子羊だけど、仕方ない!)、絹糸をつむいだり。
画面が大きいので、素朴なくらしの中に入り込んだような気分になりますよ。

fuukeiga2.jpg
月ごとの暮らしぶりが大画面に

こちらの展覧会サイトに画像が出ていますが、
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/15_wien/
「風景を旅する」というキャッチコピーのとおり、風景と共に、ヨーロッパのくらしを体験するような気持ちになるんですよね。

fuukeiga4.jpg
風景の中に描かれた人々の生活がおもしろい
(部分)ルーカス・ファン・ファルケンボルフ《夏の風景(7月または8月)》1585年 油彩・キャンヴァスより



展示後半は、風景画というジャンルが確立してからの作品。もうね、画面のほとんどが雲!とかね(笑)
それでも、忠実にヨーロッパの街を描いていて、ヴェネツィアの港の描写なんかほんとリアルでした。カメラ・オブスキュラという機器で正確に建物の位置関係を測ったそうで、写真が普及する直前の、風景画の白眉です。

観終わったあとは、無性にヨーロッパの旅に行きたくなる!
行けなくても、「今日の晩ごはんは、フレンチかイタリアンにしようかな」と思うような(笑)、そんな展覧会です。


そして、この「風景画の誕生」展の公式サイトがおもしろいです!
絵画の画像にマウスをもってくと拡大したり、見やすくわかりやすく構成されているので、一度ご覧あれ。


ウィーン美術史美術館所蔵 風景画の誕生
2015/9/9(水)−12/7(月)
10/5(月)のみ休館
Bunkamura ミュージアムにて
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/15_wien/
美術館サイト
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/15_wien.html
posted by 宮澤やすみ at 17:32 | Comment(0) | ヨーロッパ(近代) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

フリーのミュージシャンは行くといい−「エリック・サティとその時代展」−

渋谷のBunkamuraミュージアムで開催の「エリック・サティとその時代展」の内覧会へ。
(写真は特別に許可を得て撮影)

音楽家が主役の展覧会という目の付け所がおもしろいですね。
Bunkamuraミュージアムさんは、いつも単なる美術展じゃなく、博物館的な見せ方もされていて、今回も楽しめました。

satie1.jpg

エリック・サティは当時のアーティストにすごく好かれたようで、今回の展示にも時代が変革するなかで活躍したさまざまなアーティストが登場します。
その名前だけ挙げても、ピカソ、ジャン・コクトー、マン・レイ、ピカビア、ディアギレフなどなど、各ジャンルの巨匠ばかり。
そういう人たちって、同時代に生きてたんですよね。ひとりのアーティストだけにスポットを当てるのではわからない、その時代の動きがわかる群像劇になっているのです。

展示は、そうしたいろんな人たちとサティの交流の「証拠品」や、共作した出版物などが並びます。BGMはもちろんサティの音楽。
イラストと一緒に出版された楽譜を、イメージビデオにした上映もすごくいいです。
あとは《3つのジムノペティ》の自筆楽譜が初公開だそうで本展の目玉です。

satie2.jpg
ピアノの生演奏がある日も。詳細はこちら

写真撮影厳禁だったけど、サティが音楽、コクトーが台本、ピカソが衣装&美術で、ディアギレフのバレエ団バレエ・リュスが上演した《パラード》の展示がすごくよかったです。
ピカソは、ニューヨーク、パリをイメージした登場人物の衣装を、すんごく無理のある(笑)、でもイメージぴったりのデザインに仕上げて笑えます。もはや衣装じゃなくて、ゆるキャラです。
絵だけでなく実際の舞台のようすもビデオ上映されてます。

時代は、後期印象派からキュビズム、ダダに移行しても、サティは若い芸術家に親われて、マン・レイと一緒に作品を作りました。それもまた見ごたえあります。

サティさんは生涯貧乏だったらしいけど、まさに芸術の都・パリのいちばんおいしい時代を生きたんですね。うらやましいです。

そして、貧乏でも今こうして展覧会が開かれるほどの存在になったサティ。
じつは筆者も、しがない音楽家の端くれでありますが、今回の展示から教わったのは、「ちがうジャンルの人と交われ」ということでした。
そうすることで、自分の音楽を、相手の芸術に利用してもらえる機会が増えます。音楽家同士で集まっても業界のグチを言い合って終わり(?)だもんね。

現代は、音楽が音楽だけでやっていける状況ではありません。べつのジャンルのアートやビジネスとコラボすることで、やっと仕事が成立する。残念なことではありますが、仕事として音楽をやるとしたらこういうことも考えないといけないですね。
ただ、サティさんは、そこまでしたたかな考えで交流をしていたのかどうか。まずひたすら貧乏だったので、後輩アーティストのところでご飯をご馳走になったりしてたようですが、それ以上のことはなかったんじゃないでしょうか。それよりもサティさんの人柄と音楽性に、周りの人が惹かれていったんでしょう。
なぜか人が集まってくる、なぜか人が魅了される。サティさんの特別な才能はそこにあったのかもしれません。
自分にもそういう才能があったらいいと思うのですが、なかなか難しいので、自分なりにがんばりたいと思います。


鑑賞後は、ミュージアム隣のカフェ・ドゥ・マゴで一杯やりたくなります。ほかにも7/20までですが、Bunkamuraは「パリ祭」と題してフランスの蚤の市や街頭演奏などパリの空気感をいっぱい演出。近隣のブラッスリーVIRONもコラボメニューがあったり、こうした催しも含めて、サティとその時代を満喫するのがいいんじゃないでしょうか。

image.jpg
図録にはCDが付いてます



エリック・サティとその時代展
2015/7/8(水)−8/30(日)
開催期間中無休
Bunkamura ミュージアムにて
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/15_satie/index.html
美術館サイト
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/15_satie.html


 
posted by 宮澤やすみ at 16:51 | Comment(0) | ヨーロッパ(近代) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

ポーラ美術館「きいて みる」絵の中に入り込む不思議感覚

引き続き、ポーラ美術館の取材レポートです。

常設展の一角でやってる企画がすごくおもしろいです。

美術をもっと楽しむプロジェクト「じっくり/JIKKURI 04 きいて みる」

といい、音といっしょに絵画を鑑賞するものです。

kiitemiru1.jpg

作品は、クロード・モネ《バラ色のボート》。

折り重なる木々の間を、小さなボートが水面に浮かぶようすを描いた絵。この場に流れていたと思われる、せせらぎや鳥の声などをの音を、スピーカーから流します。
超指向性スピーカーなので、作品に近づくと、突然音が聞こえてくる仕掛けになっていて、なんだか絵の世界に入り込んだような、アリス・イン・ワンダーランド的な感覚を覚えます。

しばらく身を置いていると、ゆっくりオールを漕ぐ”チャプン”ていう音や、風の音も聞こえます。
そうすると、不思議なことに絵の見え方も変わるんですね。これは面白い。
モネの作品によくある、ぼーっとふわーっとした画面なんですけど、音が耳に入ったとたん、すごくリアルな絵に見えてくるんです。
池の水面なんか、バカボンのほっぺたみたいな渦巻が雑なタッチで描かれてますけど(ひどい言い方w)、それがゆらゆらしている水面の動きに感じられ、光のきらめきも見えてくる(気になる)。
すごく透明度の高い水の上をボートが進む様子が、ありありと見て取れます。

kiitemiru2.jpg

印象派の画家がめざしたのは、外光で事物を捉えて描く絵画だそうですが、音が付くとよくわかります。アウトドアの心地よい空気に包まれて、一緒に水をちゃぷちゃぷして「おおぅ冷たい!」なんてやりたくなります。
聴覚が刺激されると、視覚にも影響が出るんでしょうか。脳科学的な観点から興味深い現象が、自分のなかで起きているんです。これは新鮮な体験でした。
ぼくがグッと印象派に引き込まれた瞬間であります。

じつは、ぼくは印象派がちょっと苦手だったのです。その理由のひとつに、あまりに騒ぎ立てられて、情報過多といいますか、説明がやたら多くてかえって混乱するような気がするんですね。
以前、べつの展覧会で、あまりに説明書きが多くて、鑑賞後にはテキストを読んだ記憶しか残らない、という事態もありました。
言葉で説明を読んでもピンとこなくて、さっぱり印象に残らなかった「印象派」。それが、音でストンと腑に落ちたのでした。

ちなみに、ぼくが音楽をやっている人間だからということもありますが、アート=絵画、彫刻だけじゃないはずです。聴覚に訴えるアートもアートとして認めてほしい。
まあきっと、聴覚アートは作品として売りづらいとか図録に載せられないとか、業界の都合もあったりするのでしょうね・・・


美術をじっくり楽しむプロジェクト 「じっくり/JIKKURI 04 きいて みる」
2015年4月1日(水)-9月27日(日)
ポーラ美術館 展示室3
http://www.polamuseum.or.jp/exhibition/20150401c01/

 
 
posted by 宮澤やすみ at 17:30 | Comment(0) | ヨーロッパ(近代) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする