2015年04月30日

「大英博物館展」人類200万年の業

東京都美術館の『大英博物館展』報道内覧会へいってきました。

「100のモノが語る世界の歴史」と謳われているように、館所蔵からの厳選100点をもとに、じつに200万年の人類の営みを俯瞰するという、かなりスケールの大きな展示です。
歴史の中で異文化が入り混じり影響しあう様子がみて取れます。
そして、文明の発祥以来、やってることは戦争と宗教という、人間の「業」を感じる展示でありました。

daiei1.jpg
(写真は特別に許可を得て撮影)

最古級の遺物である石器(200万年前)から始まって、人類が造ってきたモノを、時間を追って展示。
ただの道具が、意匠をほどこして「アート」になるのが数万年前。下の写真は”投槍器”という、槍を遠くに飛ばすための道具ですが、わざわざ彫刻を施しています。
それにしても、トナカイにマンモスっていう題材が、当時を物語ってるじゃないですか。この時代の人たちには身近で大事な動物だったんでしょうね。マンガ『はじめ人間ギャートルズ』を思い出します。

daiei2.jpg
《トナカイの角に彫られたマンモス》
14000〜13500年前 フランス出土 大英博物館蔵

古代遺物の展示が続きます。なかには日本の縄文土器も。ちなみに、土器づくりは日本の鹿児島あたりが最初期だと聞きました。
ギリシャ文明は、教科書では写実的な彫刻を習いましたけど、最初期の彫刻はこんな感じ。これ、日本の土偶とほとんど同じじゃないですか。乳房と女性器が強調されていて、女神さまでしょうか。
洋の東西関係なく、しょせん人間のやるこたあ変わりませんなあ。

daiei3.jpg
《カルパトス島の女性像》
紀元前4500〜3200年 ギリシャ出土 大英博物館蔵


農耕が始まると同時に文明が発達します。そして戦争も絶えなくなるのですが。
エジプト、アッシリアなどはもちろん、中国、、南米、アイルランドなどの古代遺物も。古代文明好きにはたまらないです。
子供のころ習った「四大文明」ってのはなんだったんでしょうね。もはや「四大」に収まるはずもなく、世界中に古代文明があったことは常識です。

daiei0.jpg
ローマ皇帝とインドの仏塔が同列に並ぶ構成がおもしろい

そして興隆するのが「宗教」です。
展示では、キリスト教、仏教、イスラム教、ゾロアスター教、ミトラス教などの作品があって、それぞれが影響しあっている様子がわかります。

daiei1.jpg
牛を殺すミトラス教の神像。血と肉に見立てたワインとパンがキリスト教の儀式に引き継がれていく
奥に仏像とキリスト教の棺が展示



思えば、農耕と宗教によって、人間同士争うようになってしまったんですね。
こうして広い視野で人間の行動を見ると、なんだか個々の宗教とか文化のちがいとかが、すごく些細なことのように思えてきます。もちろん、些細なようで、現場の個人個人にとっては大事なものであり、なかなかむずかしい話なのですが。
少なくとも今回の展示では、どの文化もどの文明も等しく人類のかけがえのない宝であるのは確かですが、200万年の時と地球規模のスケールでは、どれもしょせんちっぽけな人間の所業であり、何か一つにこだわるのがバカバカしくなるような思いがして、”人間なんてララーラーララララーラー”と歌いたくなるのでありました。

daiei4.jpg
《アフガニスタンの戦争柄絨毯》
1980〜1989年 アフガニスタン 大英博物館蔵
伝統の絨毯に現代の戦争のモチーフ(ヘリコプターや戦車)が織り込まれる。



ぼく自身、日頃は仏教美術やキリスト教美術に接している人間ですが、こうして横断的にものを見る体験というのは、とても良い機会になりました。



大英博物館展―100のモノが語る世界の歴史
2015年4月18日(土) 〜 6月28日(日)
東京都美術館にて
http://www.tobikan.jp/exhibition/h27_history100.html
特設サイト
http://www.history100.jp/



【告知】
宮澤やすみと行く、花と美食の仏像ツアー
●6月
箱根:紫陽花の寺「阿弥陀寺」と箱根仏像探訪
アジサイの寺でご住職の琵琶演奏。箱根神社の万巻上人像のナゾ。ランチは「なだ万雅殿」 
●7月
鎌倉:蓮の花咲く「光明寺」と古都鎌倉仏像探訪
東慶寺の美仏・水月観音。光明寺の山門内部拝観。ランチは老舗「日影茶屋」

 
posted by 宮澤やすみ at 18:10 | Comment(0) | 総合分野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする