2019年07月16日

素朴すぎる彫刻もたのしい「日本の素朴絵」展

先日は東京・三井記念美術館の特別展「日本の素朴絵」を取材してきました。

忙しいなかでも大注目していた展覧会です。
「絵」とありますが、仏像や神像も期待以上のものでしたよ。

sobokue1.jpg
この神像のインパクトもたまらんです。《男神・女神坐像》中世〜近世 出雲文化伝承館蔵

監修された矢島新先生(跡見学園女子大学教授)によると、世の中で見るゲージュツ的な作品はFine Artと呼ばれるもので、それを「美術」という言葉に訳したのが明治のころ。
いっぽう、それ以前の日本にはファイン・アートの対極に位置するような作品があふれていた。これを今回「素朴絵」という言葉で捉えたのですが、これこそ「日本美術の根幹」であると先生はおっしゃいます。

要するに、「ゆるい」「へたうま」「カワイイ」「ヘンなもの」そんな言葉で捉えられる価値観で作品を楽しみましょうよというのが、本展の主旨かと思います。

全体の構成は、「素朴な世界(地獄絵、妖怪)」「庶民の素朴絵」「知識人の素朴絵」「絵巻と絵本」「奇獣、幻獣」そして仏像ファンも注目の「立体に見る素朴」など、あらゆる方向から「素朴」を追求していて、この展示を見れば誰でも素朴博士(なんだそれ)になれそうです。

sobokue2.jpg
仏像もだいぶゆるい。でも衣文のキレ具合は本格的な翻派式衣文で10世紀の貴重な作例としてあなどれない。
《薬師如来坐像》平安時代(10世紀)兵庫・満願寺蔵。さらに横には木喰仏、円空仏も


sobokue3.jpg
この埴輪が抱えるイノシシに注目!か、かわいすぎる……

掛け軸の作品を見ると、閻魔さんも雲水も、今ならすぐにゆるキャラとしてグッズ化されそうなカワイイ絵がいっぱい。
その作者は、アマチュアもプロも入り乱れ、「素朴」のオンパレード。

たとえば、「素朴絵の代表」と矢島先生が推す《絵入本「かるかや」》は、「シロウトががんばって描いてこうなっちゃった」パターン。
《つきしま絵巻》は「プロが狙った素朴」。
どれも、見ていて口元がゆるみます。
なかには、テーマ自体はシリアスだったりありがたい仏教説話とかもあるのに、絵がカワイすぎて哀しい場面なのに笑っちゃうという事態にもなる(笑)。

sobokue4.jpg
春風亭小朝みたいな顔した大黒天。下にいるネズミがカワイイ

「美術」の対極にある作品を美術館で鑑賞するという、パラドックス的な体験が楽しい。
ここは東京・日本橋の美術館。でも気分はラフォーレ・ミュージアムに来たみたいです。

sobokue5.jpg
オカルト界隈には有名な「江戸時代のUFO」も展示!「奇獣、幻獣」コーナーも面白い


仏像ファンの間では、貴族が発願した立派な文化財級仏像と、道端の素朴な石仏のどちらにもかけがえのない価値(美的にも宗教的にも)があることは理解されると思います。

美術全体ではどうでしょうか。
「そろそろ日本人もこういうものの価値に目覚めてほしいよねえ」と、矢島先生がつぶやいていらっしゃいました。

サブカル方面ではだいぶ前から「珍スポット」「珍看板」などなどヘタウマ”素朴”作品を「珍●●」として取り上げてきました。それは決して見下しているのではなく、良く言えば考現学的な目線で珍重してきたのですが、先生のおっしゃりたいのは、「素朴絵」こそ、メインストリーム(とされる)美術と肩を並べて胸を張って価値を語れるはず、ということなんじゃないでしょうか。
むしろ、何百年も脈々と続く日本人なりの美意識は「素朴絵」にあると。「ゆるい」も「かわいい」も「ヘン」も価値であると。

こう書くと、なんだか大上段に構えて美術論を説くみたいですけど、取材時も、先生の解説で会場笑いが絶えませんでした(笑)。
逆に言えば、サブカル的「珍●●」の楽しみ方のほうが、もともとあった日本人の伝統的な感覚なのかもしれません。
これまで何度も訪れた三井記念美術館ですけどこんなに和やかな雰囲気は初めてでした。
4期にわたって展示替えがあるので何回も楽しみたい展覧会です。


特別展「日本の素朴絵」
−ゆるい、かわいい、たのしい美術−
三井記念美術館
2019年7月6日(土) 〜9月1日(日)
詳細は美術館のHP
http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/
posted by 宮澤やすみ at 11:55 | Comment(0) | 日本(中世-近代) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

たのしい地獄へ!「地獄絵ワンダーランド」展

暑い夏にスパイシーなカレーが食べたくなるように、夏は熱い地獄の絵を楽しむのがいいですね。
東京日本橋・三井記念美術館の「地獄絵ワンダーランド」展を取材してきました。

jigoku1.jpg
地獄あれこれ、各種取り揃えてます!

やっぱりイチ押しは、後期展示のヘタウマ地獄絵ですね。

大きな掛け軸に地獄の王と獄卒、亡者、そのどれもがイイ感じに力が抜けて、マンガのような顔。
とくに亡者はヘナっとした顔が良い(笑)
なんだか、さくらももこのマンガエッセイに出てきそうな、ちびまる子ちゃんと一緒に夢の中で遊んでいそうな感じの、のほほんとしたお顔です。

その画像は、美術展サイトの「展示室7」をご覧ください。
http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/index.html

jigoku2.jpg
閻魔王と随神の像。このほか閻魔大王の前身である、密教の閻魔天の図像が興味深かったです

江戸時代は、神仏が庶民に浸透し、その結果かなり身近なものになり、だから冗談まじりの作品も登場します。

筆者は三味線を弾いて歌う「小唄」の師範ですが、小唄にも「お釈迦さん」という釈迦降誕会(灌仏会、花祭り)を歌った作品があります。
その歌詞は、
”賽銭箱にけっつまづいて甘茶の中へと落っこったぁ〜”
と、赤ん坊姿のお釈迦さんを(良い意味で)小バカにした歌です。

ほかにも、風神雷神が吉原へ繰り出して大騒ぎという唄もあったり。
神仏を歌う小唄はだいたいナンセンスなものばかり。

つまり、江戸時代には神仏はそれだけ身近で、信心深さを建前にしながら、実際は友達扱いしてしまうような付き合いだったようです。

だから、地獄絵の方向性も、怖がらせるよりも楽しんじゃう感じがウケたんじゃないでしょうか。


仏像ファン目線では、仏の世界の階層が理解できて面白いです。
よく言われる「六道」(人間が輪廻を繰り返す6層の世界)があり、その上に仏の世界が「須弥山」という大きな山で表現される。
四天王などの天部はその山の中腹にいて、人間世界を監視したりしている。山の頂上忉利天は、帝釈天の居城「喜見城」がある。その上空はホトケの世界で、弥勒菩薩のいる兜率天などいろんな階層が存在。

jigoku3.jpg
須弥山を描いた大パネルがわかりやすい。喜見城の部分を接写


今回のテーマである地獄は、山の下にある人間世界から、さらに地下深くへ潜ります。
地下と言っても、デパートみたいに地下2階食品売場でお惣菜買って帰るのとはわけがちがいます。

地獄にも八層あるそうですが、地下8階「無間地獄」へは、ひたすら下へ降りていくこと実に2000年間!
2000年かけてやっとフロアに到着して、そこから地獄の責め苦が永遠に続くのです。気の短い人は到着するまでに気が狂ってしまいそう。


jigoku4.jpg
木喰作の像も楽しいです。前列左の葬頭河婆(奪衣婆)は三途の川で衣をはぎ取る「地獄の受付嬢(婆)」


一人でも楽しめるし、仲間とワイワイ言いながら観て歩きたい展示です。



特別展「地獄絵ワンダーランド」
(東京展)
2017年7月15日(土)〜9月3日(日)
月曜休館
三井記念美術館にて
http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/index.html
(京都展は9月23日から龍谷ミュージアム)



posted by 宮澤やすみ at 17:46 | Comment(0) | 日本(中世-近代) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

楽茶碗はアバンギャルドの極致?『茶碗の中の宇宙』展

茶道で用いられる楽茶碗が勢ぞろいした『茶碗の中の宇宙−楽家一子相伝の芸術』。
現在の15代楽吉左エ門さんご本人も登場しての内覧会は、静かな興奮に包まれてました。

raku4.jpg
囲み取材を受ける樂吉左エ門さん

初代・長次郎から代々続く樂家ですが、先代の技術を模倣することはなく、土も釉薬も自分で研究し、独自の茶碗づくりをするのが特徴です。
今回の展示は、15代すべての作品が並んでいて、代ごとにスタイルが変わっていく様子がよくわかります。

raku1.jpg
三代目・道入作、銘《青山》。初代の作風よりも艶やかでオシャレ

自分は以前、初代・長次郎の茶碗を手に取らせてもらったことがあります。見た目よりも非常に軽く、薄くてもろいようで、でもかっしり引き締まってる。見込み(内側のお茶の入る部分)を見るとブラックホールのように深い。枯れた色調もあって、年季を積んでも矍鑠と元気なおじいちゃん、という印象でした。

今でこそ、楽茶碗というと渋好みの侘びた風情という印象ですが、しかし、もともとのコンセプトはどうやら違ったようです。

初代・長次郎のいた桃山時代は、なんでもかんでも金ピカにするのが流行り。そこに、黒と赤だけのゆがんだ茶碗を使うというのは、相当異質な美だったでしょう。
千利休が楽長次郎に指示した茶碗のコンセプトは、かなりのアバンギャルド。
利休も、それに応えた楽も、日本美術界のとんだパンク野郎(笑)だったのですね。
美術界に殴り込んだ”反逆のアート”が楽茶碗なのです。なんだかカッコいい。パンクロックを爆音で流しながらお茶を飲みたくなります。

当初は、「樂焼」という言葉もなく、「今焼」と呼ばれていたそう。
要するに、あまりに斬新すぎて名称がつけられず、桃山時代当時のコンテンポラリー・アートと位置づけられたのでした。その後、江戸から明治に時代が移っても、時代の空気を反映した”今様の美”を追求してきたことは変わりありません。
そう考えると、この記事のカテゴリを「現代美術」にしてもいいかもしれませんね(笑)

raku3.jpg
当代・吉左エ門さんの作品もたくさん。”これ、どこから飲むの?”というような面白い作品がたくさんありますよ


『茶碗の中の宇宙−楽家一子相伝の芸術』
3/14〜5/21
東京国立近代美術館にて
休館日、開館時間などの詳細は
http://raku2016-17.jp/outline.html
展覧会サイト
http://raku2016-17.jp/
posted by 宮澤やすみ at 14:16 | Comment(0) | 日本(中世-近代) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

貴族にお呼ばれ? バロン住友の美的生活-美の夢は終わらない

六本木アークヒルズにある泉屋博古館分館にて「数寄者住友春翠 ―和の美を愉しむ」展の内覧会へ行ってきました。
(写真は許可を得て撮影)

KIMG0416.jpg
”オールスター!茶入大感謝祭”(笑)

ここは、財閥・住友家が集めた美術品を集めた美術館で、本館は京都にあります。
住友家第15代当主、住友春翠さんは公家から住友家に入ったお方。通称「バロン住友」。美術の収集や美術家の育成にも力を入れたそうで、西洋東洋の美術品のほか、中国青銅器のコレクションが特筆されます。

sumitomo.jpg
「バロン住友」こと住友春翠氏の肖像

その収集品をご紹介しようというのがこの美術展で、前回の第一部(西洋美術)につづき、今回は和の美。
軸もの、屏風も立派でしたが、私としてはやっぱり茶道具に目が行きました。

西洋美術好きの春翠さんがお茶に凝ったのは、50代以降のことだそうですが、小堀遠州の好む「きれいさび」の世界がお好みのようで、小ぶりでかわいい品が並んでました。
現代で言うと、女子好みというか、キュンとくるというか(笑)、そんなイメージなんですかね…。

井戸茶碗には、国宝にもなるくらい威厳のあるフォルムがよくありますが、ここにある《小井戸茶碗 銘「六地蔵」》なんか、かわいいですよ。広がりをちいさくまとめて、その分深さがあり、側面の釉薬の模様がちょぼちょぼついて、全体的になんとも上品、かろやか。やっぱり貴族の方はこういうのがお好みなんですね〜。

KIMG0425.jpg
大きな画像は自粛。美術館のサイトできれいな画像が見られます

その横には、表面がざらついた《黄伊羅保(きいらぼ)茶碗》というのがあり、説明によると、
”伊羅保の名は、その手触りがいらいらするところからつけられたとも”
おいおい笑。そんな由来! イライラするって!!笑
思わず、いとうあさこの朝倉南のネタが思い浮かんだ次第です。

※井戸茶碗については、当サイト前記事参照ください。
 「国宝・曜変天目茶碗と日本の美展」

茶入れは名物のコピーがずらり(冒頭写真)。茶入れは、その形によって「文琳」(リンゴのこと)とか、「阿古陀」(かぼちゃのこと)とか、「茄子」とか呼び方があるんですが、その典型例が並んで、とてもわかりやすいです!

ほかにも、写真は載せないけど、釉薬の景色がうつくしい茶入の名品や茶碗。そうかと思えば、比叡山延暦寺で使っていたという重厚武骨な茶釜だけは男性的な存在感がありました。

なんだか、バロン住友さんの人となりを(勝手に)想像しちゃいますね。女性的で上品な路線が多いとはいえ、ナヨナヨした感じは無いのであります。

さらには、ディナーセットや、邸宅の写真などもあって、
は〜貴族のくらし、ステキですワねえ〜
と、なぜかマダム口調でうっとりしちゃうひと時でありました。

P1160303.JPG
旧邸のふすまの意匠図。モダンだなーと思いきや、法隆寺伝来の古代裂文様。は〜もうどこまでもオシャレ

KIMG0375.jpg
実際に使っていたディナーセット。「ダウントン・アビー」の世界だね

さらに、後期展示では、いま大ブレイク中(?)の伊藤若冲の絵も展示されますよ。
ここは5時間も並びませんよ(笑)!

帰りはアークヒルズでゆっくりお茶して帰りたい気分になります。私はこの日頭痛がひどかったのですぐ帰りましたが。

さて、貴族のコレクションを自宅(跡地)で公開という、「邸宅美術館」は各地にあります。
当サイトでもミラノ、ポルディ・ペッツォーリ美術館展を取材しました。
 結局ルネサンスって何? ミラノ、ポルディ・ペッツォーリ美術館展

あの展示は、膨大な展示物が時代別に体系づけて整理されて展示していて、個人コレクションと思えない充実ぶりでした。
今回は、正直言ってそこまで体系だった展示ではなく、良くも悪くも「住友さんのお宅のお宝拝見」という感じになっています。
まあ、博物館ではないので、これで充分楽しめるものではありますけどね。(いつか充実の青銅器コレクションを見てみたい)
気楽なおでかけの時にふらっと楽しむにはよいと思います。

ちょっとイイとこのお家にお呼ばれされた気分で、訪ねてみては。

KIMG0431.jpg
都心と思えない静けさ


住友春翠生誕150年記念特別展
バロン住友の美的生活 ―美の夢は終わらない。
第2部 数寄者住友春翠 ―和の美を愉しむ

2016年 6月4日(土)〜8月5日(金)
(7月5日より展示替え)
泉屋博古館分館にて
http://www.sen-oku.or.jp/tokyo/program/information.html
 

posted by 宮澤やすみ at 18:42 | Comment(0) | 日本(中世-近代) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

痛快”くにくに”−俺たちの国芳 わたしの国貞展

ちょっと遅くなりましたが、行ってきました「国芳、国貞」展。
なにか、今までの浮世絵展とはかなり趣がちがっていて、かなり楽しめました。

kunikuni350.jpg

なんといっても、展示に添えられる言葉の表現がどれもキャッチ―。
漢字の羅列を、カタカナで読み替える。たとえば、

 物怪退治英雄譚
という表記の上に、
 モンスターハンター&ヒーロー

とルビを振るのです。
すべての展示コーナーで、一貫してこの調子だから、次第にアニメの原画展とかコミケにでも来たような、このサイトで言うと「メカニック・デザイナー大河原邦男展」を観た時と似たような感覚になりました。
描かれた幻想世界や、美人やヒーローの世界に入り込んで、ワクワクドキドキ。むずかしいこと抜きでとにかく楽しめる展示でしたね。

今回は内覧会に行けず、撮影できなかったので、展覧会サイトの絵をご覧ください。
http://www.ntv.co.jp/kunikuni/works/
・ワルな男衆の派手姿
・大胆な構図で描かれた幻想世界
・ストップモーションで切り取る武者絵
・人気スターのブロマイド的美人画
・スター集結の激レア舞台裏風景

などなど、興味を引く内容ばかり。役者絵なんかも、よくありがちな「引き目、かぎ鼻」の顔じゃなく、ギョロッと開いた大きな目とか、けっこうリアルに描いてるのが、新鮮な印象です。

なにしろ、絵そのものの面白さにグッと引き込まれる展示方法が好感もてました。

ふつう、展覧会だと、作家そのものの生涯とか生き様とか時代とかそういう、作品外の情報が多いものですが(それはそれで欲しい情報ではあります)、今回は、国芳国貞という人物情報よりも、その絵に描かれた対象のほうに興味がいきます。まず見たかったのは作品であり、作家のことは後で知ればよいという順番。

私が仏像が好きだというのも、その理由のひとつは、作者不詳の像が多く、そのぶん余計な情報抜きで、作品そのものに集中できるから、ということもあると思います。

今回も、国芳は漢(おとこ)のカッコよさを描き、国貞は役者の個性を上手に引き出す、といった「情報」はありますが、観ているほうは割とそういうのどうでもよくて(笑)、ドクロすげ〜とか、仮面ライダーと同じだよね〜wとか、絵そのもので充分楽しめちゃうのです。

浮世絵に限らず、作品に対する本来の接し方みたいなものを考えさせられる展覧会でした。


ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞
2016/3/19(土)〜6/5(日)
Bunkamura ザ・ミュージアムにて
美術館サイト
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/16_kuniyoshi/
総合サイト
http://www.ntv.co.jp/kunikuni/

(追記)
好評のため、会期最終週は閉館時刻の延長が決定しました!
5月29日(日)〜6月2日(木)は20:00まで延長
(6月3日(金)・4日(土)は21:00まで、5日(日)は19:00までの通常開館です。)
 


posted by 宮澤やすみ at 17:36 | Comment(0) | 日本(中世-近代) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする