2017年06月05日

美人吉祥天、東京へ「奈良 西大寺展」

前記事の「西大寺展」、いよいよ後期の大注目の《浄瑠璃寺・吉祥天立像》がお出ましになりました!
(写真は特別取材会で許可を得て撮影)

kisshoten4.jpg
重要文化財「吉祥天立像」京都・浄瑠璃寺

息をのむ美しさと官能美。あでやかな赤い衣と白い柔肌。
しかも日頃は秘仏という神秘性(春秋正月に公開)。
まさに美ブツ中の美仏として仏像ファンにはあまりにも有名です。

筆者も、浄瑠璃寺の厨子にいるところへ何度も会いに行きましたが、こうして全身丸見えの状態は初めてで、鼻血が出そうなほどの興奮状態なのでした。

kisshoten1.jpg
首を横に向けてる姿勢なので、記者会見に答えてるみたいに見えます

造立年代は不明ですが、だいたい鎌倉時代の前半の作と推定されます。お寺の記録には建暦2年(1212年)安置したとあります。

信仰としては、吉祥天への信仰は、奈良時代に流行のピークを迎え(吉祥悔過)、東大寺や薬師寺に古い造像画像が残ります。
しかし、本像が作られた鎌倉時代(推定)には、吉祥天信仰は薄れていたようで、なぜこの時代にこの像ができたのか、まだはっきりわかっていないそう。

kisshoten3.jpg
三井記念美術館館長・清水眞澄さんによる解説


なにしろ、分かってないことのほうが多い、この浄瑠璃寺・吉祥天立像。まあむずかしいことはおいといて、まず自分の眼で見るのがよいです。観る角度が少し変わっても印象が変わりますよ。

取材時のメディア陣の反応を見ていると、女性陣は「わ〜美しい!」とウットリしてましたが、男性陣の中には「なんか、怖いなこの顔」という人もいて、人によってこれだけ印象のちがいがあるのも面白いなと思いました。

kisshoten2.jpg
真正面からの資料写真とはちがい、下から仰ぎ見るとほんわかした印象

みなさんは、どのような印象をもつでしょうか? それは現場でどうぞ。



創建1250年記念「奈良 西大寺展」
(東京展)
2017年4月15日(土)〜6月11日(日)
月曜休館
三井記念美術館にて
http://www.mitsui-museum.jp/
公式サイト:
http://saidaiji.exhn.jp




posted by 宮澤やすみ at 17:54 | Comment(0) | 日本(仏像、考古) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

美麗セレ仏にうっとり!「奈良 西大寺展」

「奈良 西大寺展」今、東京会場で開催中です。

saidaiji-ten.jpg
写真はプレス内覧会にて許可を得て撮影

仏像ファンには有名な、美麗な愛染明王、コワモテな明王なのに、おしゃれともいえるスタイル。ゴージャスな装飾と均整の取れたプロポーション。
鎌倉時代後期のトレンドですね。

saidaiji-eison.jpg
隣は有名な叡尊さんの肖像。本当にリアルです

ほかにも文殊菩薩さんがまた美麗なこと。
育ちの良いセレブ感たっぷりです。

monju1.jpg
こういうのを「セレ仏」と呼んだりします(笑)
文殊菩薩坐像 鎌倉時代・正安4年(1302)



取材したのは東京会場。ここでの目玉はやはり、浄瑠璃寺の吉祥天さんでしょう。
本物は実物で見るとして、ここでは参考としてイスムさんの写真をご覧あれ。

kisshoten-400.jpg
重文 吉祥天立像(6/6〜6/11展示) 鎌倉時代 京都・浄瑠璃寺 画像提供:奈良国立博物館(撮影 佐々木 香輔)

東大寺に比べて、意外と知らない(かもしれない)西大寺関連の仏教美術をまとめて観られるよい機会です!


創建1250年記念「奈良 西大寺展」
(東京展)
2017年4月15日(土)〜6月11日(日)
月曜日(5月1日は開館。)
三井記念美術館にて
公式サイト:
http://saidaiji.exhn.jp
美術館サイト:
http://www.mitsui-museum.jp/


posted by 宮澤やすみ at 15:38 | Comment(0) | 日本(仏像、考古) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

楽茶碗はアバンギャルドの極致?『茶碗の中の宇宙』展

茶道で用いられる楽茶碗が勢ぞろいした『茶碗の中の宇宙−楽家一子相伝の芸術』。
現在の15代楽吉左エ門さんご本人も登場しての内覧会は、静かな興奮に包まれてました。

raku4.jpg
囲み取材を受ける樂吉左エ門さん

初代・長次郎から代々続く樂家ですが、先代の技術を模倣することはなく、土も釉薬も自分で研究し、独自の茶碗づくりをするのが特徴です。
今回の展示は、15代すべての作品が並んでいて、代ごとにスタイルが変わっていく様子がよくわかります。

raku1.jpg
三代目・道入作、銘《青山》。初代の作風よりも艶やかでオシャレ

自分は以前、初代・長次郎の茶碗を手に取らせてもらったことがあります。見た目よりも非常に軽く、薄くてもろいようで、でもかっしり引き締まってる。見込み(内側のお茶の入る部分)を見るとブラックホールのように深い。枯れた色調もあって、年季を積んでも矍鑠と元気なおじいちゃん、という印象でした。

今でこそ、楽茶碗というと渋好みの侘びた風情という印象ですが、しかし、もともとのコンセプトはどうやら違ったようです。

初代・長次郎のいた桃山時代は、なんでもかんでも金ピカにするのが流行り。そこに、黒と赤だけのゆがんだ茶碗を使うというのは、相当異質な美だったでしょう。
千利休が楽長次郎に指示した茶碗のコンセプトは、かなりのアバンギャルド。
利休も、それに応えた楽も、日本美術界のとんだパンク野郎(笑)だったのですね。
美術界に殴り込んだ”反逆のアート”が楽茶碗なのです。なんだかカッコいい。パンクロックを爆音で流しながらお茶を飲みたくなります。

当初は、「樂焼」という言葉もなく、「今焼」と呼ばれていたそう。
要するに、あまりに斬新すぎて名称がつけられず、桃山時代当時のコンテンポラリー・アートと位置づけられたのでした。その後、江戸から明治に時代が移っても、時代の空気を反映した”今様の美”を追求してきたことは変わりありません。
そう考えると、この記事のカテゴリを「現代美術」にしてもいいかもしれませんね(笑)

raku3.jpg
当代・吉左エ門さんの作品もたくさん。”これ、どこから飲むの?”というような面白い作品がたくさんありますよ


『茶碗の中の宇宙−楽家一子相伝の芸術』
3/14〜5/21
東京国立近代美術館にて
休館日、開館時間などの詳細は
http://raku2016-17.jp/outline.html
展覧会サイト
http://raku2016-17.jp/
posted by 宮澤やすみ at 14:16 | Comment(0) | 日本(中世-近代) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする